趣味の、長期ゆるゆるインタビュー企画です。 


by moriko_2011

プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【幼なじみのモガちゃん】【1年目】 15年来のおっかけ活動の情熱について聞いてみる(3/3)

タッキーの一番の魅力は「仕事ができるところ」と教えてくれたモガちゃん。その後の会話でも、モガちゃんが「ステージ=仕事」と言っていたのが、わたしにはなんだか新鮮でした(言われてみれば当たり前なのだけど)。タッキーについてもう少し聞いた後、モガちゃん本人の仕事の話もちょっと聞いてみました。

森:モガちゃんにとってタッキーは
  どういう存在なんだろう?と思って。
  だってさ、彼氏にしたいとかそういうのじゃないじゃん。

モ:ないないない、絶対ない!
  今まで思ったこともないよね。
  いるけどね、そういう子。
  彼氏がいないからはまって、
  彼氏ができたら忘れるみたいな。
 (私は彼氏が)いてもいなくても関係ないから。

森:別枠だ。

モ:別枠だね。趣味だからね。
  お金と時間の超かかる趣味だよね。

森:でもタッキーを好きってのは
  この先もぶれんのだろうな。

モ:活動回数は減るけど。

森:ほどよいところに落ち着いて。

モ:そう、たぶんそれで、
  おばちゃんになってもやってるんだと思うよー

森:笑。ちょっと前に劇場に転職したじゃん?
  それってやっぱり活動と関係があったの?

モ:あーでもね、辞めたいと思ったのは、
  本当に前の会社が嫌で。
  再就職するときにちょっとは
 (活動のことを)気にしたけど。
  でも一番気になるのはお休みがどうとれるか。
  今働いてるところは、彼(タッキー)がもともと
  舞台公演をやってた劇場で、お客さんとして
  1ヶ月に10回くらい通ってた時期があって。
  他の劇場よりも好きな場所で、
  ちょっと応募してみようかなと思って
  受けたら受かっちゃった感じ(笑)。
  たまたま欠員が出てて、そのとき私が
  たまたま問い合わせをして、
  すんなりそのまま入っちゃった。

森:すんなりだね。
  他に受けたとことかなかったの?

モ:そこが最初に受けたとこだったの。
  すんなりすぎて大丈夫かなと思ったよ(笑)。
  今の劇場に就職してから一回だけね、
  彼(タッキー)が舞台やってるときに
  1ヶ月間一緒になってるときがあって。
  まあー楽しかったね!

森:毎日がバラ色じゃん!

モ:毎日歌とか聞こえてくるしね、
  楽しかったよ。

森:昔、ステージとかの仕事がやりたかったみたいな
  話してなかった?大学はインテリア専攻だったよね。

モ:ステージ美術ね。そんな高望みしないんだけど(笑)
  ささやかな夢だったんだけど、
  そこまでいくには美大行かないとだめ。

森:大学の専攻とか進路選んだときは?
  そのころからステージ美術とかやりたかった?

モ:進路選ぶときは、インテリアがやりたかった。
  インテリアデザイナーになりたかったね、その頃は。
  でも、インテリアデザイナーが狭き門過ぎることに
  大学のころに気づいちゃったから。
  大学の子で誰も行ってないんじゃないかな、インテリア系。

森:けっこう、不動産関係とか家具のショップとかに就職するよね。
  デザイナーって言ってもピンキリだもんね。
  学生時代に思い描いていた職業って、
  ふわふわした夢のおいしい部分しか
  見えてなかったんだなーって今になると思う。
  でも、(不動産とか劇場とか)
  なんとなくその周辺では仕事してるよね。
 「空間づくり」みたいなのが
  なんとなーく真ん中にあるのかなと思った。

モ:ちょっとね、劇場だから若干ね(笑)。
  幅広ーいなかのちょこっとはかぶってるね。
  …モノをつくる仕事ってのはいいよね。

森:前の不動産の仕事は
  あんまりそういうのはないの?

モ:ないね、まったく。
  それだったら今の方がつくる仕事に近いかも。
  拘束時間も長いし、きついけど。
  前は普通のOLさんだったもん。
  書類作って。まさにOLさんだなって思った。

森:劇場スタッフだったらさ、
  わりと舞台を一緒につくります、みたいな感じでもないの?

モ:ない!

森:ない!言い切ったよ(笑)

モ:ない!すごい分割化されてるもん。
  大道具さんとか舞台をつくる人たちは
  舞台をつくる人たち、あとはお客さんを接客する人たち、
  っていろいろ分類されてるからまったくないね。

森:なんかそれを一括で取り仕切るような人もいるの?

モ:うちなんて、劇場のなかに会社が3つ入ってるのね。
  劇場の大家さんの会社、興業担当の会社、
  私がいるサービス業担当の会社。
  だからね、バラバラ!同じ劇場内だから、
  つながりや情報共有はもちろんあるんだけど、
  でも、仕事は分割されててバラバラ。
  みんなお互いのことも知ってるんだけど、
  そこは●●の会社担当よね、みたいな。
  やりにくいよね?

森:笑

モ:ねえ、やりにくいと思わない?
  普通に考えて、へえー!って思わない?
  私、今の会社に入って(そういう内情を)はじめて知って、
  へーすごいなバラバラなんだって思った。

森:そんな分割なんだね。
  横串刺したくなんないのかな。

モ:ねー!誰も刺せないんだろうね。

森:いろいろ大人の事情が(笑)
  横串さしたほうが
  いろいろおもしろいことができそうなのにね。

モ:たぶんね、すーっごいサービスよくなると思う。

「若いものがここは!」とモガちゃんをけしかけながら、でもモガちゃんは絶対無理はしないからなあと思った(能力高いのだからやればいいのにと思ったことは昔からけっこうある)。そして、「モノをつくる仕事ってのはいいよね」とモガちゃんがぽそっとつぶやいたのを聞いて、中学時代に一緒にでっかい絵を描いたことをなぜだか思い出した。森のなかで動物たちが絵を描いたり、彫刻を彫っていたりしていて、ところどころに名画のモチーフが紛れ込んでいる絵だ。絵の具と絵筆を振り回すチンパンジーとかを描いたような気がする。

森:モガちゃんは1年後も2年後も変わらぬ話をしとるかなー

モ:職が変わってそれに目覚めてばりばりやってるか、
  結婚して落ち着いちゃってるか、
  変わらずにちんたら仕事しつつ活動してるか。

森:三択?

モ:あるうるなー三番目!

森:わかんないよーなにが起きるか(笑)。


というわけで、ひさびさにモガちゃんとじっくり話をしました。でも今回のインタビューは、えーっと、ちょっと失敗しています(笑)。わたしがなんだか変に遠慮してしまったというか、一部うまい聞き方ができなかったのです(うーん、8年後は少しは成長しているといいな)。モガちゃんとは年に2回ぐらいは会っていたのだけど、ちかごろは当たり障りのない話ばかりするようになっていて、お互い中身は昔とたいして変わっていないのだろうけど、わたしはどうも距離の取り方にびびってしまっていたのです。でも書き起こしていたらけっこう失礼なこと聞いとるな、わたし!と思いました。そんなわけで、今回失敗してしまったそのあたりは来年また聞くかもしれない!(でも来年は別のことを聞きたくなっているかもしれない!)

というわけで、モガちゃん、これからもまたよろしくねー
[PR]
by moriko_2011 | 2011-11-03 23:00 | 01_幼なじみのモガちゃん

【幼なじみのモガちゃん】【1年目】 15年来のおっかけ活動の情熱について聞いてみる(2/3)

小学5年生からずっと変わらずタッキーをおっかけてきたモガちゃん。「今ぶれてきている(活動の内容が変わってきている)」と言っていたのは、タッキーの活動は続けつつも、活動のメインを別のジャニーズの子にシフトしつつあることと、活動回数自体を全体的にちょっと減らそうとしていることらしい。

理由を尋ねると、「純粋に疲れちゃって、ちょっと情熱が薄れかけた(笑)。ここまでがんばったら、もうそんなに必死にやらなくても別にいいかなと思って」とのことだった。ふむ(この辺り、少し掘り下げて聞けばよかったな)。

わたしのまったく知らぬモガちゃんの交友関係、活動仲間についてもちょっと聞いてみました。


森:ファン友達とかもけっこういるの?

モ:いるー。会場に行って、お見送りとかに行くと、
  その子のファンの同士で「あ、おつかれさまでーす」
  「今日仕事帰り?」みたいな交流が。

森:年代とかキャラもさまざま?

モ:今、新たに追っかけてる子は私の一個下なんだけど、
 (ファンは)おばちゃんもいれば高校生まで。
  オタクやってるとそこはすごいなって思う。
  全然違う年代の人とか絶対知り合えない人とかに出会って
  友達になったりするから。

森:(ファン友達で)印象に残った出会いとかある?
  もしくはすごい仲良くなった人とか。

モ:ぶっちゃけ下手なこというと
 (一番印象に残った出会いは追いかけてる)本人だと思うよ(笑)。
  でも、一時期、5歳下の子と一ヶ月間毎日
  ほとんど一緒に行動してたのはすごいと思う。
  なかなかそんな年下の子とね。

森:やっぱり好きなものが共通だと強いのかね。

モ:(社会人だと)女の子同士で新たな出会いって
  あんまりなくない?男の人だったら合コンとかあるけど、
  女の子同士で新たにって仕事関係ぐらいでしか出会わないじゃん。

森:確かに。出会った仲間たちも卒業していったりしてる?

モ:うん、ママになったりとか、
  仕事があまりにも忙しくて休めないとかで。

森:けっこうみんな一貫して一人の人を好きなもん?
  いろんな人を渡り歩く?

モ:渡り歩いてる人もいるよ!本当に。
  誰々のファンであることを誰々「担当」って言うんだけど、
  担当じゃない子を好きになって、
  今度からその子を応援しますっていうときに
 「私、担降りします」って言うの(笑)。
  だいたい下の年代の子にいくから「降りる」って言うんだよね。
  オタク仲間のみんなに宣言する訳よ。
  いつまでも前好きだった誰々のファンだと周りが思い込んでたら、
  どういうこと?ってなるから。
  そういう担降りの報告が腐るほどくる子もいれば、
 「た、担降り?!どうしたの!なにがあったの!」
  みたいな子もいる。

森:じゃあ、モガちゃんは担降りしたの?

モ:私は、一番ずるいんだけど。
  担当は、例の今追いかけてる子なんだけど、
  滝様は滝様でもう私のなかで「神」だと。
  担当とかそういうレベルじゃないんだと。
  私は今でも滝沢が大好きだし、
  滝沢の舞台にもコンサートにもなんにでも行きます!
  と(いうことにしてる)。

森:(なるほど。そういうパターンもあるのか)
  タッキーの魅力は何?

モ:なんだろうね。…キレイなとこ。
  キレイだし、本気でやさしいし、すごい仕事できるし。
  仕事できるのが一番かっこいいかな。
  なんでもできちゃうから。
  イケメンだね。あの人だけは本当にイケメンだと思う。
  悪いところないもん。

森:うん、タッキーは仕事できそう。
  でも不思議だよね、アイドルって。
  どこまでが自分なのかなーって思ったりしないのかな?

モ:どこまでが自分なのかな?って?…どうなのかな。

森:そんなことは思わないかな(笑)。
  仕事なわけじゃん。存在自体が。

モ:お仕事をしてるときステージにいるときと、
  おつかれさまでしたって言ってるときの顔が全く違う人、
  やっぱりつくりあげてる自分がいる人もいるし、
  まったく同じ人もいるし。そのまんま本気で
 (ふだんからアイドルそのものを)やってて
  キャラがステージとまったく同じで
  テンションが変わらない子もいれば、
  オンオフがはっきりしてる人もいるよね、やっぱ。

森:タッキーはどっち?

モ:滝沢はね、まあ、(オフのときは)暗いよね。けっこう暗いよ。
  普通に気抜いてると本気で暗いけど、
  普通に歩いててもすごいアイドル。
  なんか普通にジャージ着てんのに、
  超オーラ出てて近づけない。
  唐突に現れた日にゃあ「はっ!」みたいな。
 「ちょ、滝様通ります!道開けてください!」みたいな(笑)。

コンサート終わりでファンでごった返すロビーに、疲れきった様子のタッキーがふいに現れ、実際にモーゼのように道が開いた話をしてくれた。王子オーラすごいなぁ。というところでその3へと続きます。

a0222705_22253669.jpg

[PR]
by moriko_2011 | 2011-11-03 22:27 | 01_幼なじみのモガちゃん

【幼なじみのモガちゃん】【1年目】 15年来のおっかけ活動の情熱について聞いてみる(1/3)

小学5年生ぐらいから、ずーっと変わらず好きなものを追いかけている友人がいます。家が近所で、小学校・中学校が一緒だった、わたしの(おそらく唯一今も仲の良い)幼なじみモガちゃんです。

わたしからみた彼女の印象は、「やさしい&健全な毒舌」「無理はしない」「ちゃんと自分のペースがある」。あらためて挙げてみましたが、どれも小学生のときから変わらなかったりします。モガちゃんは地元・愛知の大学でインテリア関係の勉強をしたのち、就職で東京へ。不動産関係の会社で「THE・OLっぽい仕事」を2年ほどして転職。ただいま、東京の某劇場で事務全般からお客さん対応にも駆り出されて働く、笑顔が癒し系な劇場のお姉さんです。

あえて触れるのもどうなのかなーと思って詳しくは聞いたことがなかった例の好きなものについて、7月のとある日の仕事帰りに、品川のカフェで晩ごはんをもぐもぐ食べながら(モガちゃんはネギトロゆずこしょう丼、わたしはガイガパオライス!)ゆるい感じで話してもらいました。

森:モガちゃんといえばさ、
 「(ジャニーズのタッキーのおっかけ)活動」!
 (そう、例の好きなものとはジャニーさんとこのタッキーです)

モ:今、まさに活動真っ最中なんだけど。
  なんせ世の中夏休みなんでシーズン到来。
  今日はたまたま活動がなかった日なんだよね(笑)。

森:(あ、だからピンポイントで今日をご指定だったのね笑)
  モガちゃんのタッキーのおっかけ活動はぶれんよね。

モ:ぶれないね。それだけはね。

森:いつから? 小5とか小6のときには既に好きだったよね?

モ:そうだよ。小5のときに好きになってそれからずっと。

森:きっかけは?

モ:フジテレビだよ(笑)
 (キャッチーコピーどおりじゃないかモガちゃん!)
  あのころさ「木曜日の怪談」ってドラマやってたじゃん。
  それに滝沢が出ててさ。それからだもん。小5の秋かな。

森:他の芸能人を好きになったり、他の趣味だったり、
  ぶれる時期はなかったの?

モ:ぶれるっていったら今かもしんない。…わかんない。
  活動はずっとやってるけど、活動の内容はちょっとずつ
  変わってきてて、ぶれてきてるかもしれない。

森:「ジャニーズが好き」って小学校のころとかに
  女の子がだいたいみんな通る道じゃん。
  で、そっから中高ぐらいにはみんな卒業していくじゃん。

モ:普通はね。だいたいね。

森:モガちゃんは貫き通しとるからすごいなと思っててさ。

モ:すごいのかな。
  そんなとこすごいねって言ってくれる人あんまりいないんだけど。

森:一貫して好きってすごいと思うけど。

モ:そう?

森:だって(自分がジャニーズが好きだってことが)
  なんだかちょっと恥ずかしいわって思う子もいるわけじゃん。

モ:(ジャニーズファンであることは)
  めっちゃずっとオープンだけどね。
  隠してることってあんまないもんね。

モガちゃんの活動は、昔からずっと周知の事実。もちろん勤務先でも。帰る時間とか休みとか、活動において重要なもんですから。

森:笑。自ら「オタク活動」って言っとるからね。
  いや、その情熱の出どころはどこなんだろう?と思って。

モ:情熱?情熱かぁ。そんなに熱いものなのかな。
  わかんないけど。
  …なにかなぁ?なんだろうね。
  活動に対して深く考えたことないもんなぁ。

森:他の人に何か言われたりする? 活動について。

モ:みんな普通の反応だね。
  がんばるねー、いってらっしゃい、みたいな。

森:辞めようかなと思ったことはない?

モ:………(狐につままれたような表情で)活動を?

森:ん? う、うん!

モ:今のその切り返しおかしいよって感じ(笑)?

森:まさかそんなことあるわけないじゃない!って返しだった(笑)

モ:仕事が忙しくてとかで(辞めるってこと)?

森:仕事が忙しくてとかいうよりは、
  ほかに何か夢中になるものができたりとかさ。

モ:あー、そうだよ、それだよ!
  ほかにもっと夢中になるものがなかったんだよ。
  それよりも興味があるものがなかった。
  いっとき活動が生活の中心だったからね(笑)。

大学生2年生~社会人2年目ぐらいまではまさに活動最盛期だったとのこと。1ヶ月の舞台を15回ぐらい観に行っていたらしい。私はまっさきに「お金がえらいことですねー!」と思い、モガちゃん本人は「あのころはおかしかった」と言っていた。と、ここらでぼちぼちその2へ続きます。
[PR]
by moriko_2011 | 2011-11-03 21:45 | 01_幼なじみのモガちゃん

【1年に1回ゆるゆるインタビュー】×12人×8年、はじめます

a0222705_2137106.jpg


(はじめましての人はあまりいない気もしますが)
はじめまして、森あゆみです。
なんだか思い立って、だれかへの1年に1回のインタビューを
8年続けてみよう、という、ゆるーい趣味の企画をはじめます。

「9月末にはじめます」と告知記事だけ出したまま、
いつのまにやら気づけば11月です。
あまりにもゆるゆる進め過ぎたのと、
しばらくのあいだ人生迷子になっていたせいで
インタビューの書き起こしが一向に進まなかったのです!
ようやく初回の記事ができたので、めでたくはじめます。
そして、人生迷子はいまだ続いております。

インタビューには、わたしの周りのなんとなく気になった方、
12人にご協力いただきます。8年も!
お引き受けいただいたみなさま、ありがとうございます!
(実は一部未オファーの方もいらっしゃるのですが)

12人にしたのは、
「12人だったら毎月誰か気になる人に会えるじゃーん」
という小学生みたいな理由です。

8年にしたのは、「8年後わたしが35歳になるから」
というこれも小学生みたいな理由です。

そもそも、このよくわからない趣味のインタビュー企画を
やろうと思ったきっかけについては、別記事で詳しく書くとします。
なんだかんだでちょっと長くなりそうなので。

まあコレと言って何があるというわけでもないこの企画は、
会って、1時間か2時間ぐらいじっくり話をして、
自分以外の人がどんな風に世の中を切り取っていて
どんなことを思って感じて考えているのか、
身近な人のそれをあらためて少しのぞいてみたいわ、
あと、それがどう経年変化したりしなかったりするのかを
記録してみたいわ、という、
完全なるわたしの個人的興味ではじめる企画です。

8年後、この企画が終わるころになってようやく、
インタビューにご協力いただく12人や
このブログを読んでくれるみなさん(いるのかしら?)や
なんとなくこれをはじめてしまったわたし自身が、
「ああ、なんだかおもしろかったかも」と
思うかもしれませんし思わないかもしれません。

(おそらく更新は不定期でしょうけど)よっぽどのことがない限り
ゆるゆると8年ほど続ける予定ですので、
もしよろしければゆるーくおつきあいください。

2011年の文化の日
森 あゆみ


(2013.09.01 追記)
12人、いざ始めてみたらなかなか大変だったので、
アポを事前にとっていた8人にしました(笑)。

ああ、ダメな子!ですが、普段とちがって、このインタビューは
なるべく一言一句すべて書き起こしたいので、勝手に良しとします。
言葉尻まで忠実に書き起こすとこんなに時間がかかるとは予想外!
でしたが、相手の話し方の特徴が垣間見えてなかなかおもしろいです。
[PR]
by moriko_2011 | 2011-11-03 21:35 | 00_はじめに

カテゴリ

全体
00_はじめに
01_幼なじみのモガちゃん
02_元上司のMさん
03_画家・ゆりちゃん
04_会社の先輩・Wさん
05_大学の友人・近ちゃん
06_コマドリスト・泰人さん
07_部活の友人・ナオミ
08_社会人の先輩・松永さん
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2013年 09月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 08月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

【会社の上司・M部長】【2年..
at 2014-08-18 07:16
【会社の上司・M部長】【2年..
at 2014-08-18 07:14
【会社の元上司・M部長】【2..
at 2014-08-18 07:11
【社会人の先輩・松永さん 】..
at 2014-07-22 00:42
【社会人の先輩・松永さん 】..
at 2014-07-22 00:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧