趣味の、長期ゆるゆるインタビュー企画です。 


by moriko_2011

プロフィールを見る
画像一覧

【会社の上司・M部長】【1年目】会社での出世について聞いてみる(3/3)

森:Mさんは家庭と仕事というのはばっちり別な人ですか?

M:別々。

森:わたしはもともとがグラフィックデザインをやりたかったなというのもあって、仕事と生活がリンクした感じで仕事をしたかったんですよ。だから今のように会社員/プライベートな生活というのは少し違和感を感じるんですよ。

M:家に帰ってからも仕事を持ち帰ってやったりとかそういうイメージがあるってわけでしょ?

森:というより…うーん、まあそういう表現になるかもしれないですけど、普通に生活していてもいろいろなことが仕事につながりそうだなーって状態。生活の延長に仕事があるというか、仕事を仕事というか労働として意識しなくていい状態。

M:地域情報紙の仕事をやってたときはそういう感じだったよ。休みの日もあちこちの街にいくとタウン誌集めたり、その仕事の地域をぶらぶらしたり。写真を撮りにいったり。それをリンクというかはわかんないけど。

森:でも管理職になったらなかなかリンクしないでしょうね。

M:しない。ON/OFFきっちり。つかれたープシュッ!って(ビールを開ける)。
でも、ぼーっとしながら、常にどうしようどうしよう、いろんな人の顔が浮かんできて。どう組織をいじるかとかさ、誰をどこに持っていったほうが効率的かとかそういうことばっか考えてるかなぁ。

森:制作したいとは思わないですか?もう。

M:転職?

森:制作。

M:制作?したい!

森:管理職なんてやってらんねーよ!ってなります?

M:どっちかっていうとそっち(制作)やりたい。

森:でも責任感のみでやっぱり管理職。

M:代わりにやってくれる人がいたら譲りたいよね。
俺ほんと儲けてやるよ。みんなが「えー」とか言う仕事やるよ。
某社の仕事とかやってたころさ、きつかったけど楽しかったね。ほんと楽しかったね。
楽しかったから、そのころやってた人たちとはいまでもたまに飲むんだよ。
Facebookでもお友達だし。ちょうど先々週も飲み会やったんだよ。
本当によかったなーって思ったときはお客さんのほうもたぶん同じ風に思ってるし、その後も続くんだよね。お互いにわかるんだよね、きっとね。きついけど楽しいっていう気持ちを共有すると、その後も(関係が)続くよね。

森:うん。

M:ちょっとまたいいこと言っちゃたけどね(笑)

森:笑。でもなんか制作って年をとるとこわくなってきません?

M:なんで?無理がきかないってこと?

森:無理がきかないっていうか…

M:センス?

森:んーセンスというか、センスも視点も。

M:うーん、こわいっていうか「(このやり方は)昔ながらなのかなー」とかはあるかもね。

森:今、いったら私はそんなに年ではないじゃないですか。
割と年いった方は(私に対して)こういう仕事を期待してるんだろうなー、とかこの人がやったことに対してこういう反応がほしいだろうなーっていうのがなんとなくわかって、それに応えている自分にふと気づいたときに、自分が年をとったときに(これをやられたら)すごい嫌だなーって思って。まあ、逆に一部本心じゃないことが相手にバレバレかもしれないですけど(笑)。
それは会社の仕事で特にそういうのがあるんですけど、もしこれからずっと自分が制作をしていって、自分のつくったものや提案に対して周りにそういう風な気の使われ方をされるようになったらすごく嫌だなって。とても思ったりする。そういうのって会社に長年勤めていてどうですか?
(我ながらずいぶんと生意気で勝手なこと言ってるなー)

M:いや、合わせる必要はないんだけど。主張はしないと。こう思うっていうのはね。
だけど対立することはあるよね。(上級者や他部門の人と)対立したときは、俺は、折れる。

森:相手が年長者や上の役職だからですか?

M:いや、あきらかにおかしいだろっていうのは通すよ。もう喧嘩するよ。
だけど、多数決とったら半々ぐらいでぶつかってるなってときは折れるよ。
それが会社だからね。冷めてんのかな。
そんなの何回だってあったよ。「ここは言うとおりにしよう」と折れる。
逆のパターンもあるんだよ、だから。俺と森さんが対立したときに、まあ平行線で、多数決とったら半々だなってときはやっぱり森さんが折れるべきだと思うよ。

森:はい。(ちょっと思い当たる節があるぞ(笑))

M:そこで主張通しちゃったら統制とれなくなるんだよ、周りの人に。
その回数があまりにも多くなってきたら、「あなたとはもう決裂しましょう」っていう宣言をするしかないよね。

森:うーん。管理職って人に仕事をまかせるわけじゃないですか。

M:あんまり(あれこれ)言っちゃいけないってこと?

森:いや、さっきのとはちょっと違う話で、人に仕事を任せることが「いー!」って(歯がゆい感じに)なんないのかなと思って。

M:「俺ならこうするのに」って?そんなの何回もあるよ。一日10回ぐらいあるよ!
「いろいろ思うところはありますが黙ってます」って。それが俺の本音だよ。

森:今の会社だとあんまり自分の信頼できる人と仕事ができなくないですか?
クオリティとかつくるものとか(いろいろな面で)。

M:クオリティ?そんなの考え出したらきりがないから。

森:ダメですか?なんか本当にもう嫌なんですよ。時間がないのも分かる、工数がこれだけしかかけられないのもわかる。でもだからってこれを世の中に出すのあなた?みたいな仕事が周りに多くて。それでもこの会社だと、ある程度の信頼というか冠の力を持って世の中に出ていっちゃうじゃないですか。

M:クオリティって、だから人によって違うよね。
あと、クオリティかスピードか。これは永遠のテーマだね。ようはお客がどっちを求めているかだね。本当にクオリティいいものをつくろうと思ったら、利益なんか出ないよ。

森:それはそうだと思います。でも、最低限のレベルというものがある。

M:その最低限も満たしてないってこと?そしたらそれで仕事はおしまいじゃない?継続しないんじゃないの。継続してるってことは、お客が認めてるんだよね。しょうがないと思ってるかもしれないし、センスとしてそれがいいと思ってるかもしれない。

森:こんなこと言っちゃいけないなと思うし、私がふてぶてしくなったのもあると思うし、知らないだけかもしれないんですけど、あんまり学べる人が社内(の身の回り)にいないなって。じゃあお前はお前でがんばれよって話だとは思うんですけど。

M:俺もそうだよ。面接資料に書いたことあるよ。参考になる人がいないってはっきり書いて怒られたけど。

森:笑。

M:当時はそんなの書いちゃいけない風潮だった。「ライバルがいない」って書いたけど。いや、いなくていいんじゃない?いないとだめなの?俺はいなくてよかった。走ってて一歩頭出たら、あとはどれだけ引き離して貯金をつくろうとするかだよね。前に走ってる人を探そうとせず。もしかしたら前を走ってるかもしれないよ。

森:…ふむ。
ぼちぼちいい時間ですので、最後に。8年前って何してました?

M:(しばらく考えて)…マネージャー試験の勉強をはじめたころ。
夏ぐらいからはじめて、正月明けにテストがあるんだよね、たしか。

森:じゃあなんだかちょうどいいですね。
8年前がちょうどターニングポイントあたり。
インタビューが終わる8年後にはどうなっているのか。

M:8年後、53歳かー


いろいろ言いたい放題失礼なことを言って&聞いてすみませんでした。しかも途中から私の個人的なグチが(笑)。Mさんの大人な対応に感謝です。

「仕事をしていて心が折れないですか?」と聞いたら、「心なんて何十回折れたかわかんないよ。で、その程度のことで心が折れてる自分がまた悔しいんだよ」とさらっと答えたMさん。マラソン走るだけあってやっぱりストイックやなと思いました。あと、今回の記事には書いてないですが、「あまりにも否定が多くなって最近は理想がわかんなくなってきた」というのと「女性は女性的な考え方・意見なんだよ」というのがなんだかちょっと印象に残りました。というわけで、今年の8月ごろにまたお話を聞かせてください!今後ともよろしくお願いします。

そうそう、関西に異動させてもらった今は、このときの責任感の話が、インタビュー時よりは少しわかる気がしますよ。
[PR]
by moriko_2011 | 2012-04-01 12:04 | 02_元上司のMさん

カテゴリ

全体
00_はじめに
01_幼なじみのモガちゃん
02_元上司のMさん
03_画家・ゆりちゃん
04_会社の先輩・Wさん
05_大学の友人・近ちゃん
06_コマドリスト・泰人さん
07_部活の友人・ナオミ
08_社会人の先輩・松永さん
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2013年 09月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 08月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

【会社の上司・M部長】【2年..
at 2014-08-18 07:16
【会社の上司・M部長】【2年..
at 2014-08-18 07:14
【会社の元上司・M部長】【2..
at 2014-08-18 07:11
【社会人の先輩・松永さん 】..
at 2014-07-22 00:42
【社会人の先輩・松永さん 】..
at 2014-07-22 00:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧